太宰治について

太宰 治 ゆかりの地『三鷹』

page_dazai

太宰治は、昭和14年(1939年)に三鷹に移転したのち、昭和23年(1948年)に玉川上水に入水するまでの約9年間、この土地において作家として数々の作品を執筆しました。 太宰が生きた当時のままに現存するものは少ないですが、街中にはゆかりの場所が多く有ります。

連雀通り商店街は、まさにその地であり、全身の松井商店(酒・たばこ店)にも、太宰治がよくたばこを買いに訪れていました。 自家焙煎珈琲店としての、松井商店では、そんな太宰に思いをはせ、深くビターな味わいDAZAI COFFEEを作りました。

店内は太宰治のように物思いにふけられる空間に珈琲豆を焙煎する音と珈琲を淹れる音が心地よく響きます。太宰治の好きな作品を探すように、珈琲の味を楽しみ、また太宰治も心変わりをする位に多彩な珈琲豆をご用意。 本物を探し続けた太宰治のように松井商店は美味しい1杯を探すお手伝いをさせて頂きます。

太宰治も「この珈琲に癒されれば、もう少し人生を楽しめたのに」と、どこかで語りかけているのではないでしょうか? 焙煎したての珈琲は、まるで香りの魔法。 珈琲の奏でる、贅沢な時間をあなたに。

~珈琲 松井商店~

太宰 治 代表作

  • 『富嶽百景』1939年
  • 『走れメロス』1940年
  • 『津軽』1944年
  • 『お伽草紙』1945年
  • 『ヴィヨンの妻』1947年
  • 『斜陽』1947年
  • 『人間失格』1948年